Yuko’s Nordic Experience

一番夜の長い日とクリスマス

一番夜の長い冬至、ヘルシンキの日の出は9時25分。日の入りは15時15分でした。出勤時にもクリスマスイルミネーションが楽しめます。バス停の時計によると8時47分。

 

2.WP_20151222_08_46_58_Pro

 

白夜がある代わりに、極夜があるフィンランド。夜の11時まで明るくキラキラとしている夏が終わり、どんどんと日が短くなるのは正直気が滅入りがちです。私の場合、天気がいいとそれだけで気分が良いので。

 

フィンランド人はAurinko paistaa(あうりんこ ぱいすたー)とよく言います。直訳すると「太陽が輝いている」、日本語でいうと「晴れているね」と感じです。この言葉はフィンランドの暗い冬を体験すると納得します。

 

そんな長い夜もクリスマスが近づくと一気に賑やかになります。クリスマスマーケットやデパートの前の子供達が集まるショーウインドー。大人も楽しめます。

 

3.PC201606

 

4 .WP_20151219_16_19_42_Pro

 

5 .WP_20151219_16_31_36_Pro

 

大聖堂の前の元老院広場には、クリスマスマーケットとメリーゴーランドが登場して子供たちが行列を作っています。

 

6 .PC201618

 

各家庭では星のライトをつけることが多いです。リビングはカーテンを閉めないのが普通で、外を歩く人の目を楽しませてくれます。今年は温かく天気予報ではクリスマスは最低でも5度。残念ながらホワイトクリスマスはお預けです。

 

でもこれから一日づつ日が長くなるのが楽しみです。

 

7 .PC201599

This entry was posted in Nordic Experience blog. Bookmark the permalink.